Friday, November 21, 2014

ろくでもないひとたちと素晴らしい蕎麦の夜 #1

仕事の帰りにおそばを食べて来ました。
浅草橋の駅にほど近い石川商店


最速のおそば屋さん石川さんのお店です。

そこにろくでもない人たちが続々と集結


久々登場!
元横浜洗濯機のクボちゃん
今回思い切って「…クボちゃん」って話しかけてみました。

本物のネスディガー

今日はこの車両を中心にお送りします。

つーか見たいところがたくさんある。

アイアンでリアディスク、参考になるところだらけ。

配線はエンジンの下とその前後にきっちり収めてある

ブレーキはフローティングマウント。
キーはこんな下側についてる

幅広いフリスコフェンダーをおさめるため、
ストラットは鉄板になってる。

ハブはホンダのものだという。

ちいさなシート
車体の要らない部分だけを隠しつつ
サクッと取り付けてある。

ディガーのこのリア周り大好きなんだ。

チャンプ登場!

島村君も登場

今日の一番人気車にまたがる


ステッチは三色の糸を使い分けてある

うまいことやるなあ…

今日もがんばろうぜ!

Thursday, November 20, 2014

タンクを作る #12 犬チョッパーの作り方

ハロー!
こないだおそばを食べに行ったら「犬さんって何の仕事してるんですか?」って聞かれました。
心配無用、僕はけっこう忙しく仕事をさせてもらってます。
朝はなるべく早く起きて、夜遅くまで仕事して、
日中のいい時間だけバイクを触ってます。
自営業なのでその辺は比較的自由になるのだ。
やっぱり毎日仕事していないと気持ちが不安定になるし、仕事があるから安心してバイク作れるってのもあるね。
毎日仕事もしないでお金も生まないバイク作りだけやるのはちょっと気が引ける。
そもそも生きていけないしね。

さて、前回ドロンとしたまんじゅうみたいになっちゃったタンクだけど
どうにか元のシャープなラインを取り戻すことが出来た。
そしてパテをごっそり削ったらまた軽くなってすこし驚いた。
パテって意外に重いものなんだ。
コックの付け根は自然に高くなるように周りを落として行く

延長した尻の部分の形はこんな感じ。

ともかく溶剤でアタマが痛くなりやすい
そしてパテの粉はガラスの粉なのでマスクを着けてる。
これで誰かにあったら完全に職務質問ダ!

小さい巣穴埋めのパテが手に付くとすごく落ちにくい。

キャップの周りもうっすら持ち上げてる。

キャップを締めたらまるで見えない位のちょっとしたこだわり。

てっぺんの平たい部分との境目もだんだんきれいな円になってきた。
ここなんて絶望的に凸凹だったんだ

上から見た時にあまり三角にならないのが犬スタイル
すこし幅広で背の高いシートも合わせられるようにと、
絞り込みよりもtukぱっと見たらノーマル的な
あまり改造していなさそうな形を目指してるから

もうあまりまるっこくぼてっとして見えない。あのままだったら危なかった〜〜

ここからさらに肩のラインや尻、オデコの丸さをきちんと出す。
エンドレス…


タンクを作る #11 輪郭の調整と油そば

タンクを載せてみる
デカい!そしてまんじゅうみたい…
こんなはずでは!
原因はビード部分を覆い隠すように大量のパテを投入したこと。
特に背中のビードの上にはどっぷりパテを叩き込んでいた。

印象の確認のためにフォトショップで黒くしてみると
大きさの印象は少し変わるけど
ダルンとした形はそのまま…
ここからパテをビードがうっすら見えるくらいごっそり削り落としたのが下の写真。


足したいところは(+)
削りたいところは(///)でチェックしながら
一番後ろがちょっと短いし丸いので

後部がしゅっと収束するように

この作業いつまで続けるのか…

煮詰まって来たので夕ご飯を食べに行く



こんばんは皆さん!

名古屋でもきっちり、ガツンとやってきてくれました
かっこいい!



チョッパーランでもチャンプ!おめでとうございます。
写真はアレックス先輩

うまい!

うまい!
食事のあとは楽しい座談会
ノーマルタンクみたいだと
下側が内側に丸めてあるんだ。
これだけで印象が大きく違う。
見る度に錆びて行く気がします
みんなのバイクをいろいろ見せてもらってると

職質…

おまわりさん23歳


解散!

僕はパブロフとドライブして帰ります