Friday, July 13, 2018

イタリアの旅自転車編 その5

ということで、僕らはクラッシック自転車で、昼まで遊んで街に帰って来た。
夜の間に降った雨はすっかり乾いて、爽やかな風が吹いている。
 下の写真は街の中。川のほとりにある柵にプランターが置いてあり、色とりどりの花を咲かせているんだけど、僕はこの朝、プランターのちょっとした秘密を見てしまった。
朝日が昇る頃に近所のおばあさんが一つ一つ丹念に水をやっているんだ。
もう結構な歳で歩くのもあまり上手じゃないおばあさんが小さな水差しに水を入れて何回も往復しながらプランターの花に水をやっている。
この町の景観は、そういう普段目に見えないことの積み重ねで出来ているんだと感じた。
何百年前の建物を直したりリフォームしながらそれでも建て替えたりしないで大事にする精神とか、窓に草花を植えて人の目を楽しませることとか、今の自分の利益や効率だけ考えていると、こういう行動にはならないんじゃないかって思う。
 前に日本のどこかの成金が世界的な名画を買って、「もし自分が死んだら一緒に燃やして欲しいって言って世界中の非難を浴びた」みたいな話があったけど、そういう自分勝手な考えとは対極の考えが文化を育てるのではないかと思う。
 山本君とこの自転車の話をした時にも、80年前の自転車達は自分のものであって自分のものではない。未来の人に受け継ぐためにちょっと借りてるみたいなものです、というニュアンスの話をしてくれた。
日本で古い日本刀を大切にしている人と話した時もそういうことを言っていたっけ。

 「なんでも自分が使い切ってあとは野となれ山となれ」みたいな考え方はこういう歴史と文化を楽しむ娯楽には馴染まない。半減期が1万年ある核のゴミをどうしたらいいのですかという質問に「それは未来の人が考えることであって…」というような回答をした政治家もいたけど、今の効率優先思想の彼は自分と名画を一緒に燃やしてもらいたいようなタイプだと思う。


さて、イタリアの北部は大陸的な地形だからか、川はホントにゆったり流れているので
上り返しもあまり辛くない。景色を眺めながら行きと同じように漕いでいるだけで出発した地点に戻って来られるのである。


クラシックな自転車の時は肩掛け鞄が気分を盛り上げる。
これは友達の奥本さんが作ってくれた帆布のバッグだけど、偶然にも野口君も同じようなバッグを帆布で作って持って来ていた。ミラノの自転車イベントの車検場にもこういうバッグを肩からかけた人はたくさんいた。

ハンチングにゴーグル!これがクラシックな自転車のスタイル。

さて、僕は野口君にお昼をご馳走になることに

スパゲッティボロネーゼと、パンにオリーブオイルをつけている野口社長。
イタリアに来て初めて普通の長いスパゲティを食べたよ。
もちろんおいしい、そして汗をかいたあとの冷えたビールは最高だ。
 
 野口君と僕はこういう時ずーっと下らない話をしている。
周りに誰かいたら呆れるような大人向けのトークとか、ちょっと下品な失敗談とかね。
食事の時の話は、無益なら無益なほどご飯がおいしくなるからだ。
食事の話はくだらなくてちょっと下品なくらいが最高のソースなんだ。


生ハムはバラ色で少しだけ乾いた感じのがおいしいって
ランボルギーニのボディ職人アルナルドが教えてくれた。

これは文句なしにおいしかったな。


大満足である。
ごちそうさまでした♪



バイクに限らず、語学やスポーツに於いても、我々は常にチャレンジャーでありたいと考えている。動画はイタリア語で食後のコーヒー、エスプレッソを注文する野口君。ちょっと大事なところが撮れてなかったけどちゃんとエスプレッソがやってきたのである。外国では言葉が通じるとちょっと楽しくなる。




ほらね、食後には少し甘くしたエスプレッソを頂きました。

朝から運動してビール飲んで、幸せとはこういう事を言うのか、
仕事している山本君ゴメン!

午後は少し昼寝するという野口君、僕はまた縫い物の続きをやることに。
せっかくイタリアなんだもの。


こんなのをWi-Fiで流しっぱなしにして
トントンと穴を開けてチクチク縫っては穴を開けて。また縫う繰り返し
イタリアの昼下がりにオペラ、縫い物、教会の鐘の音
もうまるで僕の人生じゃないみたいだ。
僕には似合わないって? いつも地面に座ってオイルまみれでバイクいじってるし
似合う訳ねえだろsuck!
でもたまにはいいじゃん、許しとくれよ



縫い物がだいたい完成した頃、野口君から電話が来た。
なんと今は8キロほど上流の公園にいるって言うじゃないか。
昼寝から目を覚ましたら僕の部屋からトントンという目打ちの音がしたから
声をかけないで1人で出かけたらしい。

オッケ!って返事してさっと部屋から自転車を出して彼を追跡する。
こういう手軽な感じこそ自転車の最大の魅力。



自転車に乗りながら携帯で動画撮ってもここはイタリア
誰も告げ口したりしないし、そもそも誰もいない。
誰に迷惑かける訳でもない。
すこし風が吹いていて気持ちいいんだ。



この橋はブリーヴィオや自転車のことを説明する時に山本君が我々に送ってくれたメールに添付してあった写真と同じ場所。僕らにとってちょっと特別な場所だった。
それを野口君が発見して教えてくれたんだ。
感動である。

おそらく鉄道橋を人間が通れるように直したものじゃないかと思われる。
対岸に渡ってアイスキャンディーを食べる
こんな時、自撮りが苦手な我々はサッと携帯カメラを交換して写真を撮り合う。
話しながらだとキメ顔にならないし、ちょっと自然になるじゃん。

苦手なものはキメ顔の自撮りのおっさん。
それでもお互い自分の写真は欲しいなんていじらしいじゃないか。







ちょっと横道に逸れて自転車で遊ぶ。もう自然に笑顔になっちゃう。
ファック心拍数だ!

古い農場の跡
レンガをたくさん使っていていい雰囲気の廃墟なんだ。


さあ、帰ってみんなで晩ご飯を食べようぜ!
今夜は金曜日、街のピザ屋でピザをとビールとワインを買って夜のピクニックと洒落ようじゃないか。



続く…


















Thursday, July 12, 2018

イタリアの旅自転車編 その4

まだ全然話が進んでないのにもう「その4」
イカン!集中力が切れる前にたくさん書かねば。
と言いながらこの文はイタリアから帰ってすぐ軽くメモにして、
そのあとまとめておいて、ブログの下書きとして何話ずつかはスタンバイしている。
で、公開の日に少し加筆してアップするんだ。

さて、山本ガレージから連れて来た我々が乗る自転車はホテルの部屋に入れてしまう。
どうだろう、自分の自転車が入るだけで急に自分のためにある部屋みたいになる。
実際のところ自転車は自分のじゃないんだけどね。


こっちは野口ルーム

自分の部屋に戻って、窓に面したテーブルに鞄の修理道具を並べる。

サイクリング前に少し作業を進めておこう。
雨風に耐えるように昔のランドセルみたいな合成皮革で作られているバッグ。
中にはいろんな道具を入れて、フタのところには脱いだ上着なんかをベルトで固定出来るようになっている。
そのためのベルトループが長年の使用でこんななってるんだ。
本革は傷み出したらけっこう早い
とは言ってもこのバッグだって僕よりずっと歳上か同じ歳くらいか。


そこで、厚みや色味を合わせて浅草橋で買って来た当時と同じ茶芯の革を切り出して
切断面であるコバをきれいに磨いてから


こんなフォークみたいなので穴を開けて

現地に来てからの手作業なんで多少の間違いはご愛嬌

背中を丸めて作業しているところを遊びに来た野口君がパシャリ!と撮ってくれた。
彼は本当はこういう作業のスペシャリスト。
ミシンを踏んで三次元的なシートカバーやトラックのトノカバー、
戦闘機のアンテナカバーまで何でも作れちゃう。

僕はここでオペラを聴きながら優雅な気分でこつこつと仕事した。



ヤスリやハンマー、穴開け機は山本君のを借りた。
こういう時、壊れた小物を手でさっと直す人はみんな同じような道具を持っているよね。

世の中には2種類の人間がいる
直してもらう人間と自分で直す人間だ。

みたいなことを言いたくなるけど、だいたいそんな感じだよ。


部品が二個できた。
このままではベルトが通らないので最後に濡らしてベルトが通りやすいように型をつける
それに、今まさに出来たようじゃ雰囲気が出ないので
これから馴染ませる加工もする。

古いベルト通しは丁寧に外す。

これから縫い合わせるんだけど、
内側は白いので下糸は白で、上糸は黒で縫うんだ。
さて、ここまで出来たのでサイクリングに行こう。

とりあえず作業途中だけど自転車にバッグを取り付けて
バッグの中には日本手拭いとグランテトラの水筒に飲み物とカメラを入れて出発。

川岸を下る。

日よけに山本君から帽子を借りた。
参考までに君達に教えると、これはまだちょっと前側のひさしが上がり過ぎている。
もっと目深に帽子をかぶるように、山本君からイベントが終わるまで50回くらい
上がり過ぎてますよ!って注意された教えてもらった。

自転車のランプに付いたサスペンション機構もご機嫌。
動画でも撮ってみたよ。



道はいつしか舗装から砂利道に変わる。そして健康のためか、ただの散歩か
歩いている人がたくさんいる。



記念写真撮ったりしながら
のんびり道を走る。
しばらく走ってはサドルの高さやペダルについているフックを調整する。
このサイクリングは自転車と自分を擦り合せて馴染ませる目的もあるんだ。

でもさ、自転車を降りて振り返ると
これは僕が乗るやつではないけど、本当にシンプルできれいな形をしている。
ここを見に来る人の中には自分が乗って来たクルマやバイクをちょっと離れてから眺めて気持ちよくなるお馬鹿さんがいるんじゃない?

我々こそまさにそのお馬鹿さんなのである。


どんどん川に沿って下って
レオナルド・ダ・ヴィンチが設計したといわれる
川の流れる力で動く渡し船に乗る。


この遮断機みたいのの先が船の中
自転車は1.4ユーロ


お金は船の上で係のおじさんに手渡す。
この川の流れを使って対岸に渡る仕組みがなんともすごい。
これも動画撮ってみたから興味のある人は見てみて。




川を渡ると森の小径になる。

木陰は涼しい。
ほら、なんとなくこの雰囲気、僕らが山本君に貸してもらってた
本みたいな感じじゃないか?

ほらほら!わかるだろ?


こっぱずかしいが、気分は最高なのである。



森の中は涼しい風が吹き抜ける。


道はけっこうガタガタだけど
内股でやりすごせ!






善き哉(よきかな)






草原を渡る風が心地いい。





麦秋(ばくしゅう)
麦の秋なのである







水鳥には赤ちゃんが生まれたようだ


なんだかかわいいね。

続く…