Sunday, September 19, 2010

原型作り making pattern

Bキャブのインテークの型紙に合わせてスタイロフォームを切り出して


リューターで穴を開けて

反対側も貫通させて
残す高さをマーキングして
必要ない部分を削り落として

ネジの入る部分に丸みをつけて

牛の鈴の形をマーキングして

インテークの部品に合わせてマーキングして
穴を開ける
インテークと鈴の形が合体

中抜き用に反対側のパーツもグルーガンでちょちょっと固定


カッターで形を作って行く

裏側もこんな風に

次々と生産される原型

だいたいの形が出来た
この後紙ヤスリで仕上げる(クリックで拡大)

中がまだ汚いなあ
(クリックで拡大)
早く鋳物にしてみたいなあ

4 comments:

  1. 素敵な作業風景ですね。敬服いたします。
    夢が・・「形」に なります様・・
    心より お祈り 申し上げます。

    ReplyDelete
  2. コメントありがとうございます。
    実際は汗っぽい腕から首筋から靴の中まで
    細かいスタイロの粉が入って、まったく素敵な作業環境ではないのですが、
    なんとか完成まで漕ぎ着けたいです。

    ReplyDelete
  3. man! what a job you're doing!

    figo!

    ReplyDelete
  4. Yes! I'm making old type carb air horn .

    this is my first try.
    What result will wait for me?

    ReplyDelete