Wednesday, January 5, 2022

リア19インチ化


 どういう訳かフラットトラックは前後19インチと決まっている。

僕の好きなバランスは前19後18インチなんだけど、ルールってことだから、僕が好きだから18インチでいいです!ってわけにはいかない。このバイクはリア18インチなんだ。

いいバランスでしょ?でもフラットトラックの競技をやるにはリアは19インチじゃないといいタイヤがないんだ。仕方ないからリアを19インチにする。でもせっかくだからHリムにしたいじゃん。本当はアクロンとかボラーニみたいなイタリアのリムはいいんだけど、ともかく高いのよ。だいたいタマがない。かといってヤフオクで売ってるアジア製リムは30000円!レプリカにしては高い気がする(個人の感想です)つーかこのブログ自体僕個人の感想しか書いてない。客観的事実はほとんどないしね。

そしたらこのリム、縁あって上越で僕のところにやって来た!それも適価というべき素敵なお値段である。もううれしくてね。そこでスポークを何度も測って注文した。

このスポークの計測ってすごく苦手なんだけど、やり方はわかるので、落ち着いて何度か計算して、念のため今付いてるスポークを一本外して実際に寸法を取って、さらに径が大きくなる分だけ長さを足して注文した。

結果的には自動でキャンセルされてホットロッドショーには間に合わなかった。在庫はずーっとない商品に関しては自動キャンセルになるらしい。 

 

とりあえずスポークをバラす。このスポークも誰かが曲げたやつらしくて、 抜いてみると不思議な曲がり方だ。なんかのを流用して合わない分は無理矢理ニップルで引っ張ったんだろう。

 

今付いてるスポークを測ったら3.2ミリだったのでこのサイズでダチに注文した。

駄知って言うんだ。3.2は在庫アリですぐに来た。

ちなみにフラットトラック用クイックハブに19インチHリムの組み合わせは

211ミリ。211はラインナップにないので212ミリで注文。このまっすぐなスポークを

曲げ機でくにっと曲げてやる。 アスクの山本さんに年末水戸で貸してもらったこの機械。ほんとによく出来てる。スポークならだいたいなんでも行けるはず。

 

 

 

ともかくちゃんとした長さで注文出来ていたのかが気になって仕方ないので、 試しに曲げながら張りを確認。長さも大丈夫そうじゃないか!ただ、このリムはスポークの穴の位置が内側2本、外側2本のタイプ。いままでのアクロンは内輪外側と交互にリムに穴があったので、外掛けのスポークが裏表で逆になる。

言ってる意味がわからない人はそのまま読み飛ばしてください。 

ハブ単体にして普段掃除できない部分もきれいにしてみると2年前にスペーサーを作って密着させていたところが腐食してる。ステンレスのボルトが入っていたわけでもないし、なんでこうなるのか知っている人がいたら教えてください。

リム組の時にめちゃくちゃクルクル回ったこのベアリングだけど、指をつっこんでグリグリやるとすごくゴロゴロしてるじゃないか!思い起こせば2年前に交換しなくてはって思った記憶がある。

仕方ないので部品注文。


まずは裏表とか見るためにスポークを仮組む。
だいたい同じ回転でニップルを回すと この時点でほとんど歪みなく組める。とくに新品リムと新品スポークの組み合わせなら全然問題ない。
ところがこいつ、新品どうしの組み合わせなのに組み上げてスイングアームにセットしたら猛烈にフレてる。上下左右9ミリくらい。もうグナグナで笑っちゃうくらいである。 僕はこういうの慣れてるので冷静にちょっとずつニップルで合わせる。根気よく合わせてやればいつか必ず終わるのである。そうは言ってもニップルの座りが悪くてリムを掘り直したり、ニップルの方向が全然合わなくてドリルでさらい直したり、けっこう時間と手間がかかるのである。

 

仕上がりは気持ちいい!の一言。スイングアームの内側は太いタイヤが入るように加工されているので新型タイヤのリア用がきっちり収まる。これからベアリング交換して新しいタイヤにしたら準備オッケー!僕はあまりレースするつもりはないんだけど、レーシングタイヤは楽しく乗るためには必須だね。


リア19インチ、なかなか素敵だね!年末にイワケンさんにお願いしたヘッドの加工が終われば、もうコースに入れるかも!



Monday, December 27, 2021

メスティン炊飯

メスティンって知ってる?
ご飯炊ける小さなアルミのコッフェルみたいなの。最近友達がバイクにメスティンとお米を持って山や河原や気持ちいい場所でご飯炊いて食べてる動画をアップしてて、気になってダイソーで買ってみた。値段が300円だったか500円だったかそんな感じ。試しに自宅の今度の1番小さい口でご飯を炊いてみた。ちなみに僕は炊飯器が壊れたのを機に電気式は卒業し、もう何年も前から土鍋でガスコンロでご飯を炊いている。白いご飯だとおかずが必要なので、玉ねぎと小さな貝柱1つと、お醤油ちょっととバターひとかけ入れて炊く。
水はお米と同量。研いでから約30分放置して普通に点火。

10分ちょっとでぶつぶつ言ってきたら火力を1番小さくしてさらに5分。くつくつと言う音がほとんど聞こえなくなったらガスの火を止めて鍋ごとひっくり返して10分蒸らす。

それはもうびっくりするぐらい簡単においしいご飯が炊けます。お米の量はカップ1杯。ちょうどご飯が軽めに2膳分です。

残り物のひき肉カレーと食べたらとてもいい気分です。皆さんも試してみては?

Thursday, December 16, 2021

オワイナイトFM


https://owaiknight.com/interview-baton-17-kiei_tashiro-inu_chopper/

オワイナイトFMに

出演させてもらいました。

ここに書いたことがないかも知れない僕の仕事も紹介されています。

リンクを開いて、茶色の場所の再生ボタンを押すだけ。


動画も面白いけど、オワイナイトFMは基本的に音声のみだから、映像がないのでなかなか苦労した部分もあって、これ!とかこんな風に…みたいな指示語は伝わらないんだよね。46分もあってよくこんなにしゃべったなと思ったら実は120分から編集して短くしてくれているそうです。

オワイナイト、福島の方言で

おわいなんしょ→よくいらっしゃいました!

と言う意味があるんだ。

東京の人はオワイ→汚穢と思ってる人が多いみたいなんだけど、とてもいい言葉です。


ポッドキャストってダウンロードめんどくさいなと思っていたら、Spotifyのアプリからそのまま聴くことが出来るんだって。

僕もラジオ番組をやりたくなってきたな。


割れたノギス。ガラスの修理

大切なデジタルノギスのガラスを割ってしまいました。バラバラにならないようにテープで止めていたのですが、100円ショップで紫外線で固まるレジンを買ってきて割れ目に注入。しばらく太陽に当てておいたら修理完了!UVレジン、なかなか便利だよ。




 

Wednesday, December 8, 2021

チャンバー完成編

インスタグラムを見ている人はもう知ってると思うけど、バイクは無事完成しています。

では今日はチャンバー完結編。


別の仕事で一緒のデザイナーの人が乗っているアルファロメオがすごくいい感じ。
ちょっとだけテストコースの端っこで走らせてもらったけど、気分いいんだ。
かっこいいよね!


さてチャンバーは仮留めで長くつなげて干渉やラインに間違いがないかチェックする。
 


おいおい、本当にチャンバーだよ!かなり気分が良くなる!

 

感激してばかりいないでエキパイとの繋がりなどチェックする。可能な限り真っ直ぐ、張り出さないように。取り付けステーのことも考えておく。

そしていきなり完成!

本当は仮止めしてから位置をマークして、一度バラして接合面を叩きながらぴったり合わせて溶接するともっときれいに出来る。僕は合わせ目を裏にすればよかったのに、作りやすさ優先で表側にしちゃった。これは次回作への課題だなあ

 


エンジンのちょっと後ろでステーを取れたらいいな。

先っぽにつくサイレンサー部分をどうするか、性能だけ考えたらアルミの別体がいいらしいんだけど、やっぱり昔の感じは黒い一体型がいいな。

スクーターみたいにターンするのもアレだし。

こんな部品を買ってサイレンサーにしよう。

サイズもピッタリ、お値段2000円、頼んだ日に到達!

ウールはあっという間になくなっちゃうから

ステンレスウールに変更したけど

それでも自分で作ることを考えたらすばらしいね。


 

これで想定される全長が決まった。ブレーキディスクより後ろに出したかったのでこれがちょどのサイズ!市販の45ミリパイプを使おうかと思ったけど、うちにあるパイプは錆びてるし

サイレンサーが緩かったので、新しく鉄板で巻くことにした。

テーパーを巻いたので、平行の筒ならもっと簡単だ。

そう、経験値ができることの幅をひろげるのである。

 
1ミリの鉄板を円周に切って巻く
今回僕は45ミリパイプの周を巻くのに45×3.14159=141.37
これが内周になるので板の厚みを1ミリずつ取って、あとキチキチじゃ抜けないし入らないので144ミリで切り出した。
 

根気と信念で心静かにクランクを回して

こんな感じ。巻いたところは素早く仮止めして筒にすると作業しやすいよ

サンダーでビードを擦ってから、ダブルアクションで均してやる。

いやーこのままクリア仕上げでもよかったなあ
この後フランジとリアのステーを付けてやるが、これでチャンバーは完成。
最後までありがとうございました。
x

 北関東の秋は終わりを告げ、本格的な冬の季節がはじまるのである