Wednesday, February 24, 2021

一旦フォークを戻したらこれが意外にいい感じな話。

どうも僕です。前回6インチオーバーをつけるためにハンドル変えたり、それに合わせてクラッチケーブルを長くしたり、長いスロットルワイヤーを作ったりしてたんだけど
とりあえずそのままフォークをもとの長さに戻してみたら
これが意外にいい感じ!
たしかに写真がいいからってのもあるんだけどさ
ちょっと後ろ過ぎかなって思っていたタンクシートの位置が
ちょうどいいように見える。
見た感じもとても僕好み。
下品な雰囲気に合わせてハンドルもラメ入り
イエローにしてみたよ。今までの僕ならヘッドライトだけ5インチくらいのちょっと小さいのに変えてやりたくなるけど
これは純正らしくてこれでいいのである。
レンズは凸面レンズで色はアンバーにしてやりたいな。
そうだ、リアショックもノーマルの長さに戻したんだ。
この方がスポーツスターらしくていい。
 
河原には土日祝日だけ入れる。暖かい日もあるが、やっぱり二月の夕暮れは寒いのである。
 
 
なんとなく余ったタンクデカールの上側を貼ってみる。FCRの取り回しは、これが一番ストレスなくワイヤーが引けるんだけど、見た目これはちょっとないよな。
 
ふだん幅広いハンドルばかり乗ってるからこの絞り感ちょっと気持ち悪いんだけどすぐになれるでしょ。
 
 
下のFTRもちょっとリニューアル
また書きます。

 

Friday, February 12, 2021

実は6インチオーバーだったフロントサスペンションとフロントブレーキかっこ良くしたい問題。

この無理矢理な感じがまさにチョッパー
記憶では4インチオーバーだと思ってたら
29インチ超えているので6インチオーバーだった。
ネックを寝かせるのがセオリーだけど、この感じ確かにいい。
 
リプロ部品で中身を組んでみた。
最初はクリアランスがきつくて動きの良くない部分があったけど、丁寧にバラして、
粗いコンパウンドを使って中身が気持ちよく動くようにして、灯油で洗って組んでみたら
まあとりあえずちゃんと動いている。
 
アウター以外は社外品で組めた。
これって国産ではちょっと考えられないよね。
 
とりあえず形にはなったけど、
スタンドがあまりにも短い。
短すぎます。
スタンド払うのにものすごい力を使う。
ハーレーの重さを思い知る。
またがらないで押していて
反対側にフラッと来たら絶対支えられない。
みんなが極端に短いリアサスを使うのがわかる。
これではまだ腰高なんだな。
 
あとはシート。
このシートはトレイシーボディのカタログと同じに作ってもらったんだけど
いわゆるキングアンドクイーンみたいになっていないと
加速でどこまでもお尻が落ちてしまうのだ。
 
 
 
ロングフォークはカヤバ製なのでもとからの三角キャリパーのスポークホイールを組む。せっかくだからキャストがいいんだけど、SHOWAのアウターはブレーキを逃がすために8ミリ内側を薄くしてステーを逃がしているのである。
ハンドルもスーパーバーみたいのから、手前に引いたやつにする。
このためにアクセルワイヤーとクラッチ、ブレーキホースを長い物に変えなくてはいけない。ブレーキは三角キャリーバーなんだ。でも元から付いているキャストホイールにして
手持ちのブレーキでなんとかならないかな。
ハーストの小さいキャリパーなんてカッコいい。
 
 
 
考え深い僕は
ここで一旦ノーマルに戻して考えるのである。
 


 

 

 

Saturday, January 9, 2021

青いロングフォーク作戦

ロングフォークまた乗ってみたいと思って4インチオーバーのフォークを作ることにした。
手持ちのカヤバ4インチオーバーをきれいにしてシールキット交換したら
これに付けてみようと。
ほんとはリア19インチにしてフラットトラッカーにしたい気持ちもあったんだけど
舗装路であまりハンドルが広いとすり抜けしにくいじゃん。
それに、このバイク結構ギア比がロングだから、きびきび走るって言うより
気持ちよく流す方がいい感じなのである。
思い切って8インチくらい伸ばしても良かったかもしれないけど、
なんとなく4インチにする。
ハンドルも手前に引いた感じで、
ヘッドライトはこのままか、4.5インチくらいのでもいいね。
シートはちょっと段をつけないとどんどんリアにずり下がっちゃう。
冬の間はムートンもいいな。
シートのエンドに背もたれつけるか、
ボディに穴開けてシーシーバーはちょっともったいないか。
ロングフォークにして荷物積んでこれであちこち出かけたい。
なんて鳩サブレ食べながら妄想している時が一番楽しいんだけどね。

 

Wednesday, January 6, 2021

ハリケーンランタンの灯油漏れ対策

ハリケーンランタンって知ってる?
電気がない時、ろうそくで明かりを灯すことはみんな知ってるだろ?
でももしその場に強い風が吹いていたら、ろうそくはすぐに吹き消されてしまう。
濡らした紙をろうそくに巻いて火をつけるとかなり違うが、それでも風の中ではかなり心もとない。
そこでハリケーンランタンだ。ハリケーンの中でも使えるか試したことはないが
けっこうな風があっても灯油で周りを明るく照らしてくれる。
以前はキャンドルランタンを使っていたんだけど、ホントに狭い範囲のための娯楽用って感じなんだ。
さて、このハリケーンランタンは今年の誕生日祝に自分で買ったやつ。
アマゾンで750円送料込み。
途中で品物が壊れたから再発送するって連絡がきて、ちょうど誕生日のその日にやってきた。
作りはそれはそれはチープなんだけど、機能がちゃんとしていれば問題ないのである。
平たい帯状の芯(ウィックって言うんだ)をきれいに角を落とすときれいな炎が出るって
UPマガジンのツルが教えてくれたので
早速切って灯油入れて試したら
とても雰囲気がいい
いいだろ?
写真はウリボウがくれたやつ。
しかしこのランタンにはちょっと困ったことがあったのである。
下の写真ちょっと再現ぽくてわざとらしいけど
缶みたいに圧着してあるところのカシメが甘くて
じわっと灯油が漏れて来るのである。
だいたい一晩おいておくと中身が半分以上流れて出ちゃう。
これでは実戦に投入できない。
それ以外は全く問題ない。
再度送ってもらってそれがまともな品という保証もないので
修理してみることにした。
まずはシーラントで埋めてみて、
ダメなら塗装を剥がしてハンダを流してみるか。
 
 
せっかく修理できてもあまり汚く直してあるとみんなが喜ぶし愛せなくなるので、マスキングテープで養生してやる。
その後液体ガスケットを隙間に擦り込むように注入してやる。
余分なところは拭き取って完全に乾く前にマスキングテープを剥がす。
 
 
ほら、そんなに悪くないだろ?
2日後に恐る恐る灯油を入れてみたが全然漏れない。
これでまたキャンプに持って行ける。
明るさや電池の持ち、簡単さではLEDランタンに勝る物はないかもしれない。
でも手元の必要なだけの場所を必要なだけの明るさで照らすことって
とてもいいと思うんだ。
わざわざ不便を楽しみにキャンプに行くならなおさらだ。
今年はこれを持ってキャンプに行こう。
ではまた!

 

Thursday, December 24, 2020

2019年の冬、バイクで山に行った話

さて、これは去年の冬のお話である。
 

毎年、ホットロッドショーの準備で僕がてんてこ舞いしている頃。
その何倍も大変なことになってる人がいる。
千葉の八街でカスタムショップSURE SHOTを営む相川さんだ。
搬入ギリギリの、まさにその瞬間まで作業をする彼のスタイルは、

本当に最後の最後まで手をかけたいという気持ちの現れなのか、

そもそも作業スタートと終了のタイミングを間違えているだけなのか?

それはよくわからない。
そして2019年のショーでSURE SHOTはベストオブショーのアワードに輝いた。
本当にすごいことだ。

そんな立派な経歴と実力を持つ彼と、自作派の僕は全然接点がなさそうだが、
 

もう何年か前から一緒にバイクで山に行く山友達なのだ。
ツッチーさんが僕がずっと前から行きたがっていた移転前のシュアショットに連れて行ってくれた時だ。

「僕もオフロードやるんですよ」「じゃ今度山に行きましょう!」って初対面の我々は大人っぽく挨拶した。

しかし我々も忙しい盛りの大人。

前もって予定した約束でもなければなかなか丸2日を使ってどこかに遊びにいくのは難しいのである。


ここで出た「山に行きましょう!」が、どこかで消える社交辞令の挨拶にならないように「じゃ相川さんいつが空いてます?」ってその場でスケジュールを交換した。

その翌月に本当に一緒に山に行ったのが始まり。
大切なのはクイックレスポンスなのである。
 初めての山行きは、普段相川さんが遊んでいる場所より狭くてツルツルした急坂で、けっこう走りずらい場所だったのにも関わらずかなり楽しんでくれた。

その後も彼はバイクを買い替え、装備を充実させながら何回も山行きにつきあってくれたのだ。


彼の走り方を見てると、得意なところは迷いなく全開、あまり得意じゃない部分は何度もあき諦めず、時にロジカルに、時に勢いを使って最後にはきっちり攻略するタイプ。

それは彼のバイク作りや仕事の哲学に通じる部分があるように思えてしまう。


さていつものように仕事帰りの夜11時頃集合、

今回の目的地は静岡県と愛知県の県境あたり。
集合は浜松の山側

店の仕事が終わって千葉からバイク積んで来るとだいたい夜の11時、それから運転を交代して牧ノ原に着いたのは2時くらいか、こないだ知ったんだけどこのサービスエリアには仮眠室があるんだ。
空調も効いていて、だだっ広い部屋に利用者は5人くらい、静かだし寝やすい。
ここで明るくなるまで一眠りして、
意外にもあまり安くはないが、味はおいしい卵かけ御飯と豚汁の朝ご飯をたべて
待ち合わせの駅までひとっ走り


我々を出迎えてくれるのはメーカーでテストライダーをしているシンタロー君。
スズキカタナのラッピング電車も我々も出迎えてくれた。

とある駐車場にバイクを下ろして出発の準備。
昔は、現場に着いてバイクを下ろしたタイミングで、前回レバーを折ったままにしていたことを思い出して暗澹たる気持ちになったりしたものだ。

しかしここ15年くらいはちゃんと前日に整備をしたり、乗り終わって緩んだところを締めたりしているので、そんな心配はない。
 

それでも前回飲みかけで数ヶ月放置されていたスポーツドリンクをツールバッグの底から発見したりもする。


静岡は冬暖かい。もちろん泳げるような暖かさではないけど
それでもバイクに乗ることを楽しむには十分な暖かさだ。
バイクに乗ってる時の一番楽しい瞬間はだいたい写真がない。
いつも休憩のシーンか、順番にやるヒルクライムくらい。
今回もシンタロウのパーフェクトなコース設定で本当に楽しむことができた。





後光が射しているぜシンタロウ!
彼と初めて出会ったのは1999年だったか、
気がつけばもう20年の付き合い。本当に不思議なものである。
俺たちもまだ若者だったんだぜ。
これ読んでる君より若い30歳ちょっと。

今では木々や草花の美しさもわかる年頃になったのである。

モンドモトでオーバーホールしてもらったリアのオーリンズサスペンションも絶好調。
それまでオイルが全部出ちゃってバネだけになっていたので絶対的に乗りづらくて本当にダメなのである。
狭い木の間をすり抜けるときも、嫌らしい斜めキャンバーを横切るときも
連続したギャップが続くヒルクライムも、
リアサスの調子がいいと一発で決まるのだ。





写真は本文と何も関係のないパブロフ
ストーブが大好きなんだ。
ストーブが臭くて煙が出るって人は、空気が通る穴と言う穴をキレイにワイヤーブラシで掃除して掃除機で吸うとだいたい直るよ!





この日はみんなペースが良くて、誰かがうまく行かず待ったりしない。
結果的に全然休憩がないものだから、夕方になるまでかなりの距離を走ることになる。最後は走っていても乗っていても、足ががくがく。
つまらぬところで谷側に足が出てしまうマイナス転倒までやらかす始末。

へとへとになってからマイナス側への転倒、これ結構きついんだ。
起こす時はなるべく力を使いたくない。
しかしがんばってなんとかする。
 
我々は基本的にお互いの転倒やチャレンジは手伝わないスタイル。
もちろん疲れてきたり、難しい時手伝って!って言うのである。


そして最後は温泉で汗を流して、さわやかでハンバーグをいただいて、

帰りの車の中ではお互いの近況から、共通の知り合いの話まで、くだらない馬鹿話を延々とやるのだ。

さあ、次はどこにいこうかな。