Sunday, August 4, 2019

レーシングフレームを手に入れた話


トラックマスターらしいということでこんなフレームを見に行って



連れて帰って来てしまった。
だって押して歩けるし、カッコいいんだもん。
でもこれ以上バイクは増やせないので、まずはきれいにしてからバラバラにして床下に隠すのである………


ウソ
直して乗るよ。元は2ストを積んでいたというフレームだけど、
見た目はけっこう大きい感じ。



スポーツスターと比べてもあまり変わらない。


素敵なシートカウルの下には
プラスチックの部品が


このマーク、MAICOのマークらしい
ヨーロッパのフィンのでっかい2ストエンジン


CYCLE CRAFT
今はなさそうなメーカー
形はチャンピオンに似てるかな。







タンクの下には、カリフォルニア州ノースリッジのなんとかマスターレーシングフレームと読める



放置が長かったのか、カサッカサになってるのう



ささっと磨いてBUDDY CUSTOMで身体検査!

続くのである。

TRACK MASTER 部分



フォークは奇跡のコンディション
実はストロークするところに2カ所点錆があるんだけど、自分で乗るなら仕上げてオイルシール変えたら大丈夫な極めて小さいもの。
カバーの下をめくるとキラキラしたニッケル鍍金が現われた!
昔は全体がこんな感じだったのか。



今の表面はこんな感じ。
全体的に青サビに覆われてる。青サビだけ取り除いて、
再メッキとかしないで、歳月と添い寝した仕上げを目指すのである。


外装も台所で洗ってからワックスをかけて磨いた

このあたりは目立つから


ボンスターで根気よく磨く
ここでやけを起こしてペーパーなど使うと
せっかくのニッケル鍍金が削れ落ちてしまう。
ボンスターと真鍮ブラシ、ピカール。




TRACK MASTER独特の補強プレートも


おや、タンクの裏側が叩かれてボコボコになってる。


下のフレームをきれいにするには



まず真鍮ブラシで汚れとサビを落として


秘密の薬品ブルーマジック



だんだんきれいになって来た!
地道な作業ですな。

続く


Sunday, June 9, 2019

Flat Track days!仮完成して乗ってるよ


223から250に乗り換えて3回目のフラットトラックに行って来た。
ミナトさんが写真撮ってくれたんだけど
ま、これはホントにカッコいい一瞬を切り取ってあって
普段は平凡なグルグル走りなんだけどね。
まあ誤差の範囲。
でもさ、誤差でも出ない瞬間ってのもあるじゃん。

僕は自分のお腹周りを測る時(そう、時々測って気をつけないと、どんどん大きくなっちゃうからね)思いっきり膨らませたとこと思いっきり凹ませたとこも測ってる。
だって中間くらいって誤差が出やすいじゃん。テキトーに自分に都合良く測れるというか。で、ちゃんとトレーニングしたり、逆に不摂生してると誤差でもこれはないだろ!って数字が出て来る。

ともかくこれはカメラマンの腕も良くて最大にいいとこだけど、
まあたまにこう言う感じに走ってるってこと。
そうだ、どのくらいカメラの腕がいいかと言えばこれ


転んでても実にいい感じだろ?
このくらいいい感じだともう走ってるとか転んでるなんてあまり関係ない。









ここのバイク達みんなチーターがカスタムしたんだ。
下の黄色い77番が彼のバイク。
みんな統一感があって僕のヤレヤレな250とは雰囲気が違うね。



ヒザをやっちゃって手術して、またすぐに復帰したツル。



ポジションチェックに余念がない飯塚さん


右の人ね。

僕より前から250に乗ってて、この集まりでは貴重な250乗り江川くん。






これが僕のヤレヤレ号。
見た目はアレだけどだんだん煮詰まって来てすこしずつ気持ちよく走れるようになってきた。
単に僕が250に慣れて来たってものあるだろうけど。
あとはゼッケン描いてフォークプロテクター付けたらとりあえず完成かな。
そしたら一度エンジン下ろしてフレームだけにして外装もフレームもエンジンも全部塗り直したい。
エンジンもバラしてさ。

野望は大きいのである。




Thursday, May 16, 2019

FTRカスタムの記その3

前回のが一番いいと思ってたけど、
リアサスが柔らかくて結構沈むから、乗って沈む分を少しだけリア上がりに修正。
もちろんタンクのマウントも高さを整えて全体のシルエットから直す。
僕はこのあたりは非常に勤勉とも言える丁寧さでかなり神経質に位置を考えるのである。

緻密なプランと大胆で思い切りのいい施工

シートも何度も削ってこんな形が出来て来た。

ウレタンの表面は最後にもう一段階細かいペーパーで整える。


今回は描かなかったけど、シートの表皮の分割ラインをマジックで書き込む事が多い。


ここに紙を当てて型紙を作る
型紙はピッタリで作ってから、2回目に縫い代を付けて、
新しい紙からもう一度切り抜く。

作ったら革に置き換えてやる


 
縫い代はマスキングテープの幅とかなにかガイドになるものをつかうといい。


革だからマチ針やしつけもできない(やりにくい)ので
僕はマスキングテープで仮止めしてミシンをかける。
テープを縫っちゃうとあとで剥がすのが面倒なので、
針がテープのところまで来たら剥がして縫うのがいい。





僕は北軽井沢のゴミ捨て場で拾った
ジャノメのミシンを使っている。
縫う前は糸の調子や縫い目の幅をよく調整するといいよ。

できたのがこれ!
なんか上の切り返しが中途半端に小さくてなんだろうこれ、
修理したシートみたいになってる。

数日置いて考えてみたけど、どうしても愛せないのでやり直し。
僕はやり直しは嫌いだけど仕方ない、自分の力不足なのである。


こういう方がそれらしいかな?
今回はより正確な形が取れるように
紙ではなく不織布を使ってみた。

インクの乗りもいいし、モノに思いっきり巻き付けたりできるから
より型紙が取りやすい。
バッグを分解して型紙にしました。



 
で、やり直したのがこれ。
キワキワのパイプも均一にできたし、




座面と側面の切り替えの2重のステッチもほぼ等幅で出来た。
こういうのはとても嬉しいものだ。


うれしくなって近所の林まで押して行って
写真を撮る。
跨がったり、限界すれすれに寝かせたり、大いに盛り上がってる。

次はゼッケン付けてちょっと苦手な塗装をしなくては。

あとストーツの黒いフォークプロテクターを探さなきゃ。




続くのである。


Thursday, April 25, 2019

FTR250カスタムの記その2




こんにちは、パブロフです。せっかく大好きな春が来たから外ででウロウロしたいけど犬は繋がないとダメらしく。
世の中ってめんどくさいけど仕方ないね。



さてこのシートカウル、市販のものらしいんだけど、
あちこちこのバイクに合わせて改造したい



幅がね、ちょっと広い。このタンクの幅に合わせて前を少し狭くしたいので、
切れ目を入れて



幅を調整する。この日はここまで。
今日は久しぶりにみんなで川越に集まると言うので、免許の教習の帰りに寄ろうと思ってバイクで行ったら、途中で土砂降りに。
すっかり戦意喪失して帰って続きをやることにした。



とりあえずリベットで位置を決めてから



雨の中、クロスを少々積層する。
固まったら磨いて、シートベースも作りたいんだけど、ガラスマットがないな。
クロスだけでで作っちゃおうかな。

こちらはバッテリーケース
この250はセル仕様なので、バッテリーの収まる場所が必要。
223のスカチューン仕様を参考に、こんな板をアマゾンで1600円くらいで買ってアルミで作る。



リチウム電池をおごったので、重さはとても軽い。サイズが変わってもいいようにすこし大きさに余裕をとってこんな感じにした。
固定は昔ながらのゴムバンドかな。







これまた別の日なんだけど、どうしてもここを面で受けたくて、前傾すぎるシートフレームをやや水平にした。
かと言って貴重なFTR250だからなんとなく全部切っちゃうのに抵抗があって、
前だけ切って少し上げて


斜めに補強してやる。補強は穴開けたりしようかな。
つーか穴は始めに開けておくのが正解なんだけど、機材の関係で今回はこんな感じで。



ポリの板を買って来て、泥よけも作る。
これがないとエアフィルターにホコリと砂が直撃しちゃうからね。
あとはタンクの固定金具と、シート作って、バッテリーとカウルを固定したらもう走れるかも!今回は少しきれいに仕上げたいんだけど、その前に試乗したい。
バイク積むのにカウル外さないとダメかな。

早くトラックに乗り換えたいね。